隠れ観光スポット?草津温泉図書館に行ってきました

草津の観光スポットも沢山ありますが、教えて貰って行ってみて、想像以上によかったのがここ、温泉図書館でした。感想です。

場所&時間

場所:〒377-1711

群馬県 吾妻郡 草津町 大字草津28

草津温泉バスターミナル駅3階

開館時間:9:00~17:00

※休館日は毎週月曜・月末日・年末年始

利用料金:無料

湯けむり草津の湯 入浴剤 群馬県草津町産の「湯の花」配合 500g

草津温泉湯の香本舗

感想です。

草津町の公立の図書館ですが、町のひとだけでなく私のような観光客も入って利用することができます。

風情あるのれん

草津温泉図書館

お風呂みたいなのれんがかかってるのが粋で面白いです!

男女共通の入り口で、服を脱ぐ必要はもちろん無くて・笑、いたって普通の町の図書館です。

しかしここは温泉と名の付く図書館、温泉資料館所蔵資料があったり、草津の歴史文化や温泉の本の特集コーナーが作ってあったりで、珍しい展示も見ることが出来ました。

昔の草津・今の草津

草津温泉図書館壁

入り口には明治時代の版画のパネルがしてあります。

熱乃湯って書いてあって、湯もみショーやってたところですね。

ショーで使ってた板には「くさつ」の字が書いてありましたが、この絵の湯もみ板には、全国から訪れた湯治客の出身地や名前が記されているそうです。

温泉資料の展示も見られる

草津温泉図書館資料1

草津温泉の強い酸にさらされると、鉄やコンクリートも溶けて脆くなってしまうようです。

観光でふらっと来て温泉にちょっとだけ浸かる程度では、肌がつやつやになるくらい(!)で実害のほどはよく分からないけど、実物の展示で酸の強さを目の当たりにすることができます。

この地で永く暮らす方々は、建築物の基礎部分とか入浴施設のメンテナンスとか、大変ながらも温泉のお湯と上手くおつきあいしてきた文化でもあるんだなぁとしみじみ。

草津温泉図書館資料2

温泉施設で使われていた品々も展示されています。木製の暖かみがいいですね。

草津温泉湯畑けむり

ふつうの図書館と同じく、本を読むための机や椅子もあるのでゆっくり資料を見ることが出来ます。

バスターミナルの建物の中にあるので、バス待ちでちょっと空いた時間や、人混みや散策に疲れてちょっと休憩したいとき、草津の文化をもっと知りたいとき、気軽に寄りたくなる感じのところでした。

図書館の空間そのものがそもそも好きで、職場が移ったり住むところを引っ越すたびに、新しい土地の図書館はすぐ調べて行ってしまう性分です。

観光地の公立施設で、図書館もここまで観光にもオープンなのはおもしろい試みですよね。

バスターミナルの混雑ぶりとはうって変わって、休日でも人もまばらで空いていました。図書館だから静かですし、ほっとします。

地元の方の利用のお邪魔にならないように、観光ガイドを読んでみたり、普通に一般図書の棚をうろうろしてラインナップを見てみたり、新しい面白そうな本を見つけてしまったり、まったり過ごさせていただきました。

 

草津温泉湯もみショーの記事はこちらです→見ると迫力。草津温泉の湯もみと踊りショーを見てきました

温泉記事はこちらです→源頼朝の湯。草津の御座之湯に行ってきました

 

草津温泉 草津名湯の湯 濃縮温泉(天然温泉濃縮液)500ml 

草津温泉湯の香本舗

ブログランキング参加しています

人気ブログランキングバナー