夜の幻想的な上野公園!『あかりパーク2018』に行ってきました

上野の科学博物館に向かう途中で、公園でカラフルなライトアップが見えたので遊びに行ってきました。

あかりパーク噴水

創エネあかりパーク2018

場所&期間&アクセス

場所:上野恩賜公園 噴水広場

〒110-0007 東京都台東区上野公園・池之端三丁目

期間:10月31日(水) ~11月3日(土) 13:00 – 20:00

11月4日(日)13:00 – 18:00

建物の雰囲気がいつもと違う

JR上野駅公園口改札を出て公園のほうに歩いて行くんですが、西洋美術館の雰囲気がなんだか幻想的。

すっかり日が短くなって、夕方17時では辺りは真っ暗です。

ライトアップ国立西洋美術館

柔らかなライトアップで、ルーベンス展看板のケクロプスの娘たちが神々しい。

しばらく来てなかったんですが、夜って前からこんな感じでしたっけ?

ライトアップ国立科学博物館

今度は科学博物館。音楽に合わせてスタイリッシュに色が変化しました。

柱が1本ずつ色付いたり、エントランスだけ色が変わったり飽きなくて、私以外にもカメラを構えて見入る人が多数。

ライトアップ東京国立博物館

プロジェクションマッピング?光で仏様が映し出されています。展示品の貴重な映像だと思うんですがいろいろ斬新すぎる。

3つの施設のこの光のサプライズは、あかりパークの特別なライトアップだったそうです。

あかりパーク2018上野噴水広場

噴水広場でもちろん噴水も光でメイクアップ。刻々と色が変わります。

青がとっても綺麗でした。青いライトアップ大好きなんです。

芸術作品が屋外で見られるなんて

あかりパーク2018美濃和紙あかりアート展

美濃和紙あかりアート展の作品が並んでいました。

優しいやわらかな光をまとった、不思議な形のあかりがいっぱいでした。

クッションだったりエビフライだったり、これデザインにしようと思った理由が聞きたくなる、ものすごく精巧に作られていてユニークな作品も。和紙っていろんな形にできるんですね。

あかりパーク2018長野灯明まつり

長野の灯明(とうみょう)まつりの作品も。平和の祈りの光ですね。

植物や楽器などモチーフひとつひとつが繊細で素敵で、見入ってしまいます。

行ったことのないアートイベントの作品群が2箇所もみられるなんてとってもラッキーです。


あかりパーク2018テント

カラフルな明かりの可愛いテントには、各省庁や企業のエネルギーの取り組みの展示でした。被災地支援の物産展もありましたよ。

シンプルなテントなのに、きれいに色が並んでいるせいか、なんだかおとぎ話に出てくるお家みたいな不思議な夢みたいな光景でした。

偶然立ち寄ったのですが、ぐるっと散策するだけでも楽しかったです。

国立科学博物館には特別展『日本を変えた千の技術博』を見に行ってきましたので、また後日改めて投稿したいと思います→こちら


ブログランキング参加しています

人気ブログランキングバナー