紅葉のパノラマ。苗場ドラゴンドラ&田代ロープウェイ乗り継ぎしてみました

新潟の続きです。

苗場ドラゴンドラと田代ロープウェイで、田代高原の紅葉を見てきました。

紅葉ももちろん素晴らしかったんですが、乗り物そのものがアトラクションな感じで楽しいです。

感想と、おすすめのまわり方をご紹介します。

ドラゴンドラと田代ロープウェイ

場所&時期

苗場ドラゴンドラ

田代ロープウェイ

紅葉の見頃は10月中旬~下旬とのことです。

感想です。

田代ロープウェイ

田代ロープウェイは91人乗りの巨大なゴンドラで、2175mを急勾配で一気に駆け上ります。

ゴンドラの2カ所の床面がシースルーになっていて、真下を見ることができるという・・・なかなか素敵な設計です。

のぞいてヒヤッてなりました笑。

田代ロープウェイ

出発直後でこの高さ!

途中で奥津発電所が下に見えます。Okkyって書いてあって、愛称のようです。

田代ロープウェイ奥清津発電所

上りなら進行方向右側、下りなら進行方向左側に二居湖が見えます。

田代高原

田代ロープウェイから苗場ドラゴンドラの乗り場まで30分くらいの散歩道です。

途中に移動できるカートがあったり、飲食店があったり賑やかでフェスのようでした。

・・・と思ったら、フジロックもこの付近が会場だそうで。

田代湖

田代湖が見えます。ここから撮影おすすめスポットって看板があるのが親切です。

田代高原

ゆったりした坂道です。すすきがいっぱいです。

田代高原天気

空が広くて近い。なんとなく撮影した鉄塔もなんだかいい感じです。

苗場ドラゴンドラ

ドラゴンドラ看板

青いドラゴンが待ち構えています。ドラゴンとゴンドラを合わせたんだと、ここでやっと気付く私。

名付け親は、このあたりでコンサートをやっていた松任谷由美さんだそう。

田代高原から苗場高原までを8人乗りで5481mを繋ぎます。

ロープウェイって真っ直ぐ上るか下るかどっちかだと思ってたんですが、山の起伏に合わせて上昇したり下降したり、わりと激しく繰り返されてアトラクションのようでした。見られるのは大自然の絶景ですから贅沢なものです。

うねうねアップダウンしてるから、体をくねらせてる龍みたいってことなのかな?

ドラゴンドラ二居湖

神秘的な二居湖が見えます。

進行方向に対して前向きと後ろ向きの座席があって、乗り合いなので位置は選べないのですが、後ろ向きでも上がったり下がったりで景色はどんどん変わるので、まんべんなく楽しめました。

ドラゴンドラ絶景ポイント

「14号柱に絶景ポイントがあります!」とゴンドラ内に貼ってあるマップにあるんですが、支柱の数は1本1本数えてないので分からない・・・!

でも川があるので来たらすぐ分かりました。清津川の流れを眺望できます。

ドラゴンドラ

エメラルドグリーンの湖と川。すれ違う青いゴンドラ。極彩色な風景です。

攻略方法

マップを見ると、苗場高原から二居までも連絡バスが走っているので、田代ロープウェイ・苗場ドラゴンドラと併せて、全部違うルートでトライアングルでぐるっと一周してこられるようです。

田代高原は田代ロープウェイ側からドラゴンドラ方面に向かうルートは下り坂なので、歩きやすいと思います。

足腰が弱い人向けのゆるやかな長めのコース(らくらく遊歩道)、ショートカットできるけどちょっと急なコース(近道遊歩道)がありました。5分しかかわりませんのでお好みな感じです。らくらく遊歩道で大きく廻って、景色を楽しんできました。

ガイドの方に聞いたところ、混雑を避けてあえてドラゴンドラから田代ロープウェイに上り坂で移動する方法もアリとのことですが、なかかなかチャレンジャーだと思いました・・・。

田代高原ススキ

一面のススキ。ゆったりした気持ちになれました。

スキーやボードとは縁遠いのですが、スノーシーズン以外で空中散歩が楽しめるのは嬉しいです。


ブログランキング参加しています

人気ブログランキングバナー