縄文が熱い?東京国立博物館の『縄文 1万年の美の鼓動 』に行ってきました

 

東京国立博物館でやっていた特別展『縄文 1万年の美の鼓動』に行ってきました。感想です。

場所&期間&アクセス

東京国立博物館 特別展『縄文 1万年の美の鼓動』

期間:2018/7/3(火)~2018/9/2(日)

場所:東京国立博物館(上野公園内) 平成館

東京国立博物館 特別展縄文 一万年の美の鼓動

縄文が前面にでておる

感想です。

「ねぇ、土偶見に行かない?」

こんな出だしのデートの誘い文句って未だかつてあるんでしょうか。

えっ、なんで土偶?そこピンポイント?そもそもやってる場所どこよ?ってかきみは歴史好きなの?・・・突っ込みどころというか質問したいことが立て続けに発生して、トークのつかみとしてはバッチリでなんかずるい。

歴史は学生時代から世界史どころ日本史もさっぱりだめ、時代劇や小説・漫画も役者陣のビジュアルにまずときめいてそこで終わるタイプ、歴女の友人には非国民と蔑まれる始末のこの私が、誘われるがままのこのこ出かけた訳ですが、なかなか楽しかったです。

縄文時代のイメージが変わる

まず、私が小学校とかで教わった頃の縄文時代のイメージとはずいぶん進んで変わっていることに驚きました。いや、その後の知識のバージョンアップを全くしていなかったのがひたすら恥ずかしいのですが・・・。

まずは縄文時代の日用品から紹介コーナーがはじまります。石の斧とかシンプルな器とか。目玉のひとつに縄文ポシェットも展示されていました。縦と横に繊維を編んで、想像以上にしっかりとした造りの巾着です。この説明の時点でご先祖様をバカにしてたようでとてもとてもばつが悪い。木の実を採取するときに使っていたとありますが、いまでもざっくりしたナチュラルな麻袋もあるし、とにかくとてもお洒落に印象的に見えました。

さて、私のようなミーハーに博物館におしかける輩は、展示物の横にある解説文が命綱なのですが、今回多くの解説がずいぶん芸術面・完成度の洗練っぷり・職人芸を敬意をもって語る口調でとても素敵でした。「作者の美意識の高さがうかがえる」とか、「円型の完成度、技術力の凄さ」とか、作る過程の難しさ、縄文時代はこんなにも進んだ文明だったと熱い口調の説明にわくわくしました。

ていねいな暮らし お洒落と憧れ

縄文時代の装飾品もいくつか展示されていました。石のビーズ、貝の輪っか。お洒落です。毎年夏になるといまだにこういう大ぶりでエキゾチックなアクセサリー流行るよなぁとニヤニヤしたり、耳につけるピアスの穴の大きさに衝撃をうけたり。

おもしろかったのが、貝輪型土製品。その名の通り貝の輪っかを模した粘土の輪っかなんですが、解説によれば、貝製品は海から離れるほど貴重なので、貝への憧れから作られたんじゃないかというもの。

分かる分かる、高価な宝石とかパールとかにはあんまり手が届かないけど、ガラスのビジューとかラメとか大好物で、雑誌でハイブランドのファッションに憧れるけど、買えないし普段用にできないし、似たようなコーデをファストファッションで探したりDIYするのとか、たぶんそういう感覚でしょ?(個人の感想です)等身大のお洒落をがんばる縄文女子、勝手に親しみを感じてしまいました。(個人の感想です)

シンプル・機能美の器もですが、突起や模様がある器の種類の多さ・自由度にも驚きました。こういう器は集落で食事を担当する女性が作っていたのでしょうか?それか窯焼きは力仕事だし、職人肌の器作家みたいな男性が作っていたのでしょうか?

洗うのとか持つとき使うとき面倒くさいんじゃないかとも思いましたが、可愛いお洒落な食器って集めたり並べたりするの楽しいし、料理するときテンション上がるし、いろいろ楽しんでたのかも。妄想は膨らむばかりです。

上京して一人暮らし始めた頃はパンのシールでもらったお皿とか100均の無難なグラスだったけど、生活にゆとりができて楽しくなってきたら、全面に柄の入ってるアーティスティックなデザイン皿(盛り付けが難しい)とか、取っ手になぜか小動物とかくっついてるマグカップ(洗って乾かすのが大変)とか、主張が強い方向に走った私。あ、テーブルコーディネイト的な美的センスは皆無でした。

豊かな時代だったのか、美意識が高かったのか、思っていたよりずっと素敵な時代だったように感じました。

縄文 東京国立博物館撮影スポット

撮影できるスポットがありました。記念に。

立体で見て、これはすごかったんだと

国宝の土器が数多くお目見えしていて、火焔型土器、遮光式土偶・・・教科書で見たことある、覚えてる、インパクトあるあの品々の実物をこの目で見ることができました。

180度ぐるっとガラスケースを廻って、あ、これはすごいやつなんだなと納得、実感しました(稚拙すぎる感想)。

まず火焔型土器、連れて行ってくれた彼が一番見たかったと話していたのもこれです。4つの複雑な模様と突起が、どの角度から見ても輪廻するように作り込まれていて、事前知識ゼロだとしてもこれは綺麗だなと思いました。最初に発掘したときの感動すごかったんだろうなぁ。

炎のような、鳥のとさかや飾り羽根のような、波のような、不思議だけど見たことあるような・・・あったかくて優しい模様です。国宝に指定されたもの以外もいくつも展示してあって、どれもデザインが違って興味深かったです。

土偶もカオスな世界ではしゃいでしまいました。顔面がハート型になっているのとか、目が(ー)(ー)になってる宇宙人なのかなんなのかわからないけどヒトっぽいのとか。

旧ドラえもんの日本誕生で育った世代なもんですから、割っても再生する遮光器土偶の敵がどうしても頭に思い浮かんでしまいます(しばらく怖くて眠れなかったり、社会科教材のレプリカが飾ってあった学校の廊下を避けて通った可愛い時代がありました)。

映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生【Blu-ray】 [ 水田わさび ]

土偶もいろんな角度で見られたのがちょっと楽しかったです。合掌土偶の体操座り(三角座り?)って昔からあったんだとか、後ろから見ると祈っているのかくつろいでいるのかたそがれているのか、ゆるーい感じで可愛らしかったり。

中空土偶、縄文の女神も、横や後ろから見ると立体が凄くて、くびれやヒップラインがちょっとセクシーだったり、デザイン化された曲線美にこだわりが感じられました。

ハート型と遮光器のビジュアルのインパクトって、現代人だけでなく当時も斬新だったのか、リスペクトされた作品がいっぱい出てきたっていうのも面白かったです。広い地域の交流や移動があった?文化や流行の伝播?たしかに一度見たら忘れられないよね・・・っていうか人気になってみんな作ってみたくなったっていうのがなんだかユーモラスでおおらかで好きです。

盛りだくさんの展示でとても楽しかったです。『ニッポンの美の原点』とありましたがまさにその通り、感性豊かな時代だったと認識が改まりました。私にもこの素敵な感覚がほんのちょっぴりくらい受け継がれてるといいんだけどなぁ。

国立科学博物館のひみつ 地球館探検編 [ 成毛 眞 ]

ブログランキング参加しています

人気ブログランキングバナー