100年の科学の森・明治神宮にお参りに行ってきました

元旦の初詣に明治神宮に行ってきました。感想です。

鎮守の森が創られたエピソードがそもそも熱くて好き

明治神宮鳥居

明治神宮

明治神宮は、明治天皇とお妃様の昭憲皇太后をお祀りする神社です。1920年に創建されました・・・ということは来年で100周年ですね。

初詣では日本一参拝者が多いところとして有名です。

完全版 明治神宮 不思議の森

価格:3,240円
(2019/1/1 13:50時点)

2015年に放送されたNHKスペシャル『明治神宮 不思議の森~100年の大実験~』がとても興味深くって、ずっと印象に残っています。

これを知ってからというもの、訪れるときの見方がすっかり変わりました。

この森には、世界でも例を見ない秘密が隠されている。それは都市に広がる“人工の原生林“ということ。3人の天才林学者が、10万本の樹木を使い、100年以上かけて原始の森を完成させるという壮大な大実験を始めたのだ。それから一世紀、高層ビルのなかに、日本のどこにもない不思議な森ができあがることになった。 (明治神宮 不思議の森 ~100年の大実験~ より)

「明治神宮御境内林苑計画」に記された、関東大震災で荒れ地だったところに、人の手で太古の原生林をもう一度創るという壮大なプロジェクトのお話です。

挑むのは本多静六、本郷高徳、上原敬二の3人の学者。

鎮守の森なら、伊勢神宮や日光東照宮のような、荘厳な針葉樹の杉を植えるのが当然だと当時の総理大臣・大隈重信が大反対します。

しかし荒れ果てて痩せた東京の土地では杉は枯れてしまう、永遠に続く森を創らなくてはならないのだと科学的なデータを元に説得するドラマが熱いんです。

人の手を加えずに植物の力だけで育っていく森を創るには、まずは大きな針葉樹を植え、その隙間に小さな広葉樹の木を植えます。

50~100年たったとき、針葉樹は広葉樹に成長を抜かされ養分となります。100~150年後には競合で生き延びた大きな広葉樹が葉を繁らせる大逆転が起こるはず・・・。植林の位置や数まで細かく計算し、緻密で大胆な計画を100年前にしていたわけです。

2015年の特番では、動植物の専門家を集めて大々的な調査をしていました。すると神宮には広葉樹の巨木の森が広がり、タヌキやオオタカなど豊かな生態系が息づいていることが分かったそうです。

自然の力が強く作用して、想定していた150年より早くに、理想とした森の姿が出現している――100年かけた大実験は大成功、むしろ上回る勢いの素晴らしい結果で、今私たちが目にしているやわらかな木漏れ日となっていると思うとゾクゾクします。

人工の森・生態系が漫画版の『風の谷のナウシカ』ではディストピアだったけど(っていうか映画と全然話違いますよね・笑)、現実ではこんなに希望にあふれて不思議で面白いことが起こっていて、ほんとうに事実は小説(漫画)よりも奇なり、なんですね。

豪華装丁本「風の谷のナウシカ」セット(全2巻セット) [ 宮崎駿 ]

価格:12,162円
(2019/1/3 20:22時点)

 

場所&時間&アクセス

場所:〒151-8557渋谷区代々木神園町1-1

明治神宮社務所(めいじじんぐうしゃむしょ)TEL 03-3379-5511

時間:日の出~日の入(月によって異なるので公式で要確認)

※大晦日~元日は終夜お参りできます。

2日 6:40~18:30頃

3日 6:40~18:30頃

4日 6:40~18:00頃

アクセス:

JR原宿駅から徒歩1分 JR代々木駅から徒歩5分

東京メトロ 千代田線・副都心線 明治神宮前(原宿)駅から徒歩1分

小田急線参宮橋駅から徒歩5分

明治神宮案内帖 英訳付き

価格:1,944円
(2019/1/3 19:31時点)

感想です。

元日でも、空いている時間なら待ち時間ゼロ

明治神宮ご来光

日本一の参拝客数ですから、カウントダウン前後や日中の暖かい時間帯に参拝するときは間違いなく大混雑です。

私は上京してきたまだまだ新参者なので、屋台まで出ているお祭りのような東京の歴史ある観光地の初詣スポットに驚いて、いまだにわくわくします。でも人混みはほんとに慣れないしダメです・笑。

そこで深夜の参拝客がみんな帰宅してからの時間、朝~お昼の参拝客が来る前の時間、ずばり早朝を狙って行きました。

早起きして朝7時~8時頃ですと、元旦でも混雑無く、参道も境内も待ち時間ほぼゼロです。

お正月の間はずっと開門しているので、ここで初日の出を迎えても素敵かも。人混みや待ち時間が苦手な方にはおすすめです。

おみくじしてきました

明治神宮のおみくじは100円です。

大吉とか凶とかの判定が書かれていないのか特徴で、そこが好きでもあります・笑。

明治神宮おみくじ

明治天皇が残した言葉として、和歌が載っています。

お願い事や占いたいことを心で想ってからおみくじをすると、歌でこたえを導いてくれるそうです。

裏側に現代語訳があります。

明治神宮おみくじ裏

いろいろこじらせて斜めになっている自覚はあるので、反省。しっかり見抜かれております。

あんまり、できるだけ、ひねくれた文章を書かないようにちょっとずつ、心がけたいと思います!

明治神宮おみくじ木に結ばないで

おみくじの紙はお持ち帰りして大切に保管します。その辺りに結ばなくてもいいんです。

大切な樹木を守るための注意書きもありました。

えと鈴をGETしました

お正月の縁起物として、絵馬や守護矢の他に、土鈴もあります。(破魔矢のことを明治神宮では守護矢と呼ぶそうです)

明治神宮えと鈴2019イノシシ

私もここ数年で明治神宮のえと鈴を知ってから、可愛くてすっかりファンになりました。800円です。

今年の干支のイノシシは金色の子連れです。ちんまりとしたうり坊が可愛いです。

 

明治神宮えと鈴2018イヌとえと鈴2019イノシシ

ちなみに昨年2018年戌のえと鈴も親子のワンコでした。

仲間が増えてきましたよ。これからもちょっとずつ集められたらいいなぁ。

明治神宮 「伝統」を創った大プロジェクト (新潮選書) [ 今泉宜子 ]

価格:1,620円
(2019/1/1 14:00時点)

ブログランキング参加しています

人気ブログランキングバナー