ゴジラが来ても大丈夫。陸上自衛隊基地広報センター(りっくんランド)に行ってきました

陸上自衛隊朝霞駐屯地にある、陸上自衛隊基地広報センター(りっくんランド)に行ってきました。感想です。

陸自屋外の青空と戦車

『りっくんランド』・・・なかなかキュートでキャッチーなネーミングで、ちょっと気になっていたところだったんです。

陸上自衛隊の活動内容や歴史の紹介や、実際の装備や戦車などの展示があります。

行ってみると、実際に体験できるシュミレーターやなかなか凝っている3Dシアターなどもあり、想像していた以上に充実した内容と迫力の実物展示、なによりアットホームな雰囲気が印象的でした。

陸自パネル

場所&期間&アクセス

陸自広報センターりっくんランド外観

陸上自衛隊広報センター りっくんランド

場所:〒178-8501 東京都 練馬区 大泉学園町 (敷地が広いです)

※広報センター所在地は、埼玉県朝霞市栄町4-6付近

開館時間:午前10時~午後5時

※休館日は月曜日及び第4火曜日 公式サイトを確認下さい

入館料:無料

アクセス:東武東上線・東京メトロ有楽町線・副都心線「和光市駅」から徒歩約20分

感想です。

福引抽選会参戦!

年間を通して様々なイベントを行っているようで、1月6日にやっていた新春福引抽選会に参加してきました。

戦車やヘリコプターに搭乗できる人気イベントとかじゃないから空いてるかな~と油断しきっていたら、開館30分前でもう入り口前に長蛇の列でびっくりです。

ご近所の子供さん達とおもわれる親子連れ、熱心な自衛隊ファンの大人達でかなりにぎわっていました。

陸自福引き大会

お目当ての福引き抽選会。

特賞、松・竹・梅賞に続いて、陸・海・空賞があります。ブレてません、安心と信頼の実績です。

それぞれ陸上自衛隊のオリジナルグッズが当たります。特賞は大きなプラモデル。

それから、広報キャラクターの『ひよこ隊員』にちなんでひよこ賞がありました。なんだか和みます。

陸自粗品

・・・結果は『ひよこ賞』でした! 一番本数が多い参加賞・笑。かっこいいロゴ入りのボールペンをゲットしました。

ポケットティッシュは入館の際に配布していた物です。

陸自ヒヨコ隊員福笑い

日本のお正月の遊び体験コーナーもあり、けん玉や福笑いができるようになっていました。

ここでも『ひよこ隊員』が登場、手作り感ある福笑いになっていました。ブレてません、安心と信頼の実績です。

あと小学生以下限定で紙飛行機大会もやっていて楽しそうでしたよ。折る用の紙もしっかり迷彩柄なんだもん羨ましい!より戦闘機っぽいのが作れそうです。

ゴジラがいる・・・

陸自ガラスケース

入ってすぐの正面にあるガラスケース。『守りたい人がいる 陸上自衛隊』の文字と、戦車やヘリコプターの模型がずらりと並んでいます。

そして左の上になにかいる・・・!

陸自ガラスケースゴジラ

トレンディーなシン・ゴジラがいました。・・・いいのか!? いや私はテンション上がりましたけど・笑。

よく見れば周囲に貼ってある自衛官募集のポスターも、撮影や資料の協力をしたアニメや映画関連のものがちらほらあったり。

広報ですし、親しみをもってもらえたり活動内容が広く知ってもらえたら、このへんおおらかなんでしょうか。好きですこういうの。

『シン・ゴジラ』では自衛隊がめっちゃ格好いい活躍していましたし、ゴジラ凍結させてこの国を守り切りましたからね!

未曾有の災害(巨大生物って災害?)があったとき、行政や法が対処していく流れ、防衛目的ですら武力を行使するまでに葛藤するという希有な国だからこそ、熱い現場のヒューマンドラマになりえたのかなぁとも思います。

自然災害があったときには真っ先に陸自が駆けつけていますし、展示を見るうちに、現実の活動でも、ニュースで大きく取り上げられなくても地道で緻密で過酷で、私たちの生活を支えてくれているんだなぁとしみじみ感じました。

「自衛隊は、この国を護る力が与えられている最後の砦です」(『シン・ゴジラ』より)

シン・ゴジラ政府・自衛隊事態対処研究

価格:2,700円
(2019/1/8 16:01時点)

センターの図書閲覧コーナーにもこの本置いてあって衝撃をうけました。対策されてる!ゴジラ来てもきっと大丈夫です・笑。

実物に驚く体験コーナー

陸自体験コーナー全景

メインの体験コーナー全景。

中央の対戦車ヘリコプターAH-1Sもかっこいいですが、パラシュートを広げた大きさも間近で見てびっくりします。

陸自対戦車ヘリコプターAH-1Sコックピット

ヘリコプターのコックピット。操作するスイッチ多いです!

KBウィングス(PCT) AH-1S 陸上自衛隊 タイプ 1/72スケール KBW72108

価格:3,506円
(2019/1/19 02:24時点)

 

陸自パラシュート隊員

ひとりの隊員が持つ装備の多さと重さにも驚きます。

リュックサックや装備を実際に身につけて体験できるのですが、やってみたら慣用句どころか物理的に腰を抜かしますほんとに。

陸自あゆみ遺産

2階には組織の移り変わりの年表があります。

陸自東京オリンピック

前回の東京オリンピックの様子の絵画。2020年も楽しみです。

屋外の戦車たち

陸自広報センター屋外戦車

体験コーナーから外に出てます。屋外のイベント広場にずらりと並ぶ戦車たち、壮観です。

帰宅してからすっかりテンション上がっちゃってまた『シン・ゴジラ』見返してたんですが、”練馬駐屯地”のシーンでちょうどこのイベント広場から撮影している所もありました。(ゴジラの話ばっかり)

陸自94式水際地雷敷設装置

94式水際地雷敷設装置。不思議な形をしているのもあるんですね。絶対強い!

陸自屋外10式戦車

そして10式戦車。

青島文化 AOSHIMA 1/72 ミリタリーモデルキット No.16 陸上自衛隊 10式戦車&特大セミトレーラー付属

価格:3,564円
(2019/1/19 02:33時点)


陸軍士官学校・振武臺記念館(しんぶたいきねんかん)

陸自広報センター振武臺記念館

広報センターの建物から、戦車の屋外展示のあるイベント広場を抜けて駐車場を縦断すると見えてくる、味わいある建物です。

左手前にあるのは旧陸軍の99式10センチ山砲。

旧陸軍士官学校の建物がそのまま記念館になっていて、各部屋には軍服・学生服や教科書、当時の写真や新聞の記録などが保存されています。

朝霞市の歴史も地図模型で展示されていて、ゴルフ場があったとか、朝霞の地名が陸軍大将でもあった朝香宮殿下に由来するとか紹介されていました(同じ漢字をダイレクトに使うのは畏れ多いとのことで1字変えたそうです)。

自由に見学できましたが、詳しく知るには隊員ガイド付きツアーのほうがいいのかもしれません(事前電話予約必須です)。

グッズ・お買い物

陸自グッズ買い物

タッチパネルにも対応している、迷彩柄の手袋を購入しました。頑丈そうです!

新春イベントだからか2000円以上のお買い上げで、おまけで陸上自衛隊広報センターって書いてあるキューピー人形をいただきました。

陸・海・空それぞれの制服を着ているキューピー人形シリーズがずらっと店頭にありましたが、広報のハチマキしているのはなかなかレアかも・笑。

陸自日の丸戦車

完全に遊びに行ってきて全力で楽しんできた感じでしたが、かっこいい制服!装備!戦車!の感想だけに留まらず、日頃の訓練や地道な活動に私たちの生活が支えられて、幅広く活躍されているのもよく分かりました。知れば知るほどやっぱりかっこよくて憧れます。

また行けたらいいなぁと思います。

ブログランキング参加しています

人気ブログランキングバナー