国産バイクと軽自動車。スズキ歴史館に見学に行ってきました

静岡の続きです。浜松にはスズキ自動車の本社工場があり、隣にスズキ歴史館があります。行ってきました感想です。

場所&期間&アクセス

JR浜松駅の新幹線改札内に、スズキのジムニーとヤマハのグランドピアノの実物が並んで展示してありました。

ものづくりの都市に降り立ったぞーって感じでわくわくします。改札出る前に写真撮っておけば良かったです。

浜松スズキ本社

スズキ本社の建物。大きいです!道路を挟んで向かいにスズキ歴史館があります。

 

スズキ歴史館

場所:〒432-8062 静岡県 浜松市 南区増楽町1301

開館時間:9:00~16:30

※事前予約制、インターネットか電話で予約します

入館料:無料

※休館は月曜日、年末年始、夏期休暇等 ホームページで確認をお願いします

感想です

入館する時間だけは予約必須ですが、受付してからは各自、自由見学でした。

平日の午前中は、地元の小学生の社会科見学も受け入れているそうです。

企業系ミュージアムは会社の特徴や歴史をしっかりアピールしているのが見どころですが、そもそもクルマってどうやって作られているのか、海外の支社・工場もあることを理由に、浜松の地理・世界の国の文化を紹介する社会科的なコーナーが子供さん向けにしっかり創られていて、ひとつの企業のPRを超えていました。

小学生の調べもの学習・地理や文化の学習が楽しく出来そうです。

ものづくりの歴史や世界とのかかわりを次世代に伝えるっていう大きな使命感みたいなものが主軸で、なんだかいなぁと思いました。

スズキジムニーグッドデザイン賞モデル

館内は撮影可、1階では車やバイクも乗って記念撮影できるところもあります。

スズキを代表するジムニー。機能美がかっこいい!潔い!

2018年度の『グッドデザイン・ベスト100』に選出され、グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)を受賞したことでも話題になりましたよね。

スズキ歴史館バイク記念撮影

GSX-R1000R ABS。バイクもいくつも展示してあって、跨がって記念撮影できます。

大型2輪の免許持ってなくても、子供さんや私も乗れて嬉しい楽しいです。

開発から生産ライン 参加型クルマが作られるまで

2階では、企画・デザイン・走行実験・設計の流れを展示で追っていくことができます。

企画は会議室から始まる…会議室の椅子に座って、模擬会議に参加体験できます・笑。

子供さんだったら大人になってお仕事している気分で憧れるのかな?

会議室ってなんだか苦手な響き…ダメな大人になってしまった・笑。

スズキクルマのデザイン

こちらはデザインの行程。デスクには模型や資料、カラーコピック。壁にはイメージの絵や写真がいっぱいです。

Photoshopで線画を調節したりレイヤー分けて作業する、ここまで見せてくれちゃっていいのかとびっくりです。

デザイナーさんの現場って憧れます。

スズキ歴史館クレイモデル自動車

こちらは粘土で実物大モデルを作成しているところ。

機械で荒く盛り付けられた粘土を職人の手でなめらかにし、実際の車体イメージがはっきりしていきます。

スズキ車体裏側

エンジンや車体フレームの構造の改良、走行テストなどのコーナーはちょっぴり大人向け。

速く、ダメージの少ない、エネルギーの効率のよい構造の追求について詳しく紹介されています。

自動車開発エンジニア・自動車工場従業員・自動車整備士・自動車販売員 自動車をあつかう仕事 (職場体験完全ガイド 49)

さて、3Dシアターでは、工場の様子を映像で見ることが出来るのですが、ここもなかなか捨てがたいです。

作っている途中の車体フレームにカメラがくっつけられいて、製造ラインを一緒に流れていくのを体感できます。

火花バチバチの溶接のところや、塗装のために液体の中に車体ごとダイブするのは大迫力。ロボットだらけのラインだし、実際に人間は中に入れない行程ですからおもしろかったです。3Dならではの臨場感で魅せるのが上手いなぁと感動しました。

『スズキくん』っていうキャラクターが登場してくるあたりはやっぱり小学生向けの教材っぽいです・笑。

国際社会の勉強もできる!?

小学生向けの教材といえば、世界の国の文化についての学習コーナー、遠州(静岡県西部)の歴史や地理コーナーもあってびっくりです。

ワールドアドベンチャーといって世界の国を紹介するムービーにもキャラクター・スズキくんが登場。地理の授業中に教科書にとびこんでしまって、ほんとうに世界を冒険する夢のようなストーリー。

インド、タイ、カンボジア、フィリピン、マレーシアなど、スズキ自動車の海外事業部のある国にスポット集中しているのはご愛嬌、それぞれの国の文化、町並みなど、紀行番組さながらで大人も一緒に楽しめます。

色んな国の生活が紹介される中で、クルマが出てくると「あっ、スズキのキャリイ(軽トラ)だね!」ってちゃっかりナレーションがあるのがぶれてなくて逞しくて大好きです・笑。

スズキパキスタンデコトラ

個人的にとても衝撃的で印象に残ったのがパキスタンのゴージャスなデコトラ

ワールドアドベンチャーのVTRだけでなく、国別の展示パネルにも紹介されていたので写真に撮りました。

布とかタッセルで飾り付けてあってオリエンタルだし、人がわんさか乗っていたり長年使い込まれている感じの車体、企業公式でこうやって紹介されているおおらかさも含めて、なんだかいいなぁと思いました。

トラックって包容力すごいんですね。日本の車もすっかりパキスタンの文化に溶け込んで愛されているようです。

軽トラック生活(vol.01(2019 Spr) 日本の最強ギア・軽トラックを遊びつくそう!! (CHIKYU-MARU MOOK 別冊LOG HOUSE M)

スズキの歴史 歴代のバイクと軽自動車が見られる

3階では、スズキ自動車の事業の歴史が紹介されています。これまで作られたたくさんのバイクとクルマの実物展示が熱いです。

スズキ歴史館スズキ式織機

鈴木式織機。

スズキの創業者・鈴木道雄氏は母親のために足踏み式織機を制作し、効率が飛躍的に向上して喜ばれたそうです。

お母さんのために作ったっていうのがなんだか素敵なエピソードですね。

格子柄の織物はこの地域の特産で、格子柄にする技術も特筆すべきところ。こうして創立された『鈴木式織機製作所』がスズキのはじまりとなりました。

スズキ歴史館バイクプロトタイプ

スズキ初のバイク『パワーフリー号』。まだ自転車要素が強いですがここから始まったんですね。

レースで優勝した実物のバイクも多数展示してありました。

スズキモーターボートエンジン

船外機。船のモーターエンジンです。普段なかなか船に乗る機会もないので、わたし的にはかなりレアな展示でした。

スズキ歴代クルマ展示

歴代のクルマ展示。スズライト、アルト、ジムニー、ワゴンRなどなど。赤い色がレトロ可愛いです。

トミカリミテッドヴィンテージ TLV-N28c スズキアルト Gタイプ 赤

スズキ軽トラスズライトキャリイ

パキスタンのデコトラ見てからというもの、なんだかとっても可愛く見えてきて、あれから軽トラの写真ばっかり撮っていたようです。

写真整理してたらキャリイの画像の多いこと・笑。

こちらではスズライト劇場~キャリイ劇場で歴史がたどれます。初期の車体も丸っこいフォルムで可愛いですね。

スズキ軽トラ市応援

はたらきものキャリイ!「スズキは軽トラ市を応援します」。

軽トラ市ってあちこちでやっていますよね。遭遇するとつい寄ってしまいます。

可愛い軽トラ市の再現コーナー、鈴木農園やら鈴木生花店やら、店名までスズキで徹底しているのが好きです・笑。

トミカ No.89 スズキ キャリイ(BP)

スズキ自動車の昔の広告

懐かしの広告の展示もありました。

コンパクトカー・アルトの誕生物語や、軽トラもそうですし、庶民の身方・働くがんばる人に寄り添う感じの理念が伝わってくるようで、あったかくていいなぁと思いました。

そういえば昔、『僕は知ってるよ ちゃんと見てるよ 頑張ってるきみのこと』って歌詞の、小さな子供とお母さんが泣いたり笑ったり成長していく日常を優しく歌ってるアルトのCMがありましたね。

当時まだ私は学生だったけど、好きで口ずさんでいたなぁとふと思い出しました。

HARCO/世界でいちばん頑張ってる君に 【CD】

グッズコーナー・ここでしか買えない『鱸』グッズ

スズキグッズ自販機

スズキグッズの販売は自動販売機みたいになっています。

スズキグッズ湯飲み

全力オススメアイテムとして紹介されているのがスズキ歴史館オリジナルのバイクGSX1100S刀のプラモデル、そして湯飲み

プラモデルは普通に格好いいしお手頃価格でいいとして、問題はこの湯飲みです。

お寿司屋さんの湯飲みによくある、魚へんの漢字がいっぱい並んでいるデザインかなと思いきや、ほぼ鱸(スズキ)の文字でびっしり埋まってます。さすがスズキオリジナル。

そしてところどころに紛れるスズキロゴのSマーク、自動車、鈴木の文字。これ考えた人のデザイン凄いなって普通に思いました。間違いなく完璧なスズキオリジナルグッズです。

グッズ売り場の手作りポップアップに『スズキの聖杯!』って書いて付けるノリも含めて、自由で楽しそうな社風だなって思いました・笑。

1/12 完成品バイク SUZUKI GSX1100S KATANA SL(銀)

スズキグッズプルバックジムニー

プルバックのジムニーを買いました♪イエローが可愛いです。

今回の静岡旅で航空自衛隊のブルーインパルスのプルバックも買ったことだし、じわじわ乗り物おもちゃの種類が増えています・笑。

ブログランキング参加しています

人気ブログランキングバナー